【はちみつの種類と選び方】あなたに合ったはちみつでよりハッピーなはちみつライフを!

コト・モノ

前回は「はちみつの効果・効用について」まとめました。

うさまま
うさまま

はちみつはとても栄養が豊富なことは分かったけど、いざ購入しようと思ってお店に行ったらいろいろな種類があって迷ってしまったよ。

値段も産地も種類もいろいろ。

どんなところにポイントを選べばいいのかな?

私も初めははちみつにたくさんの種類があることは知らなかったなぁ。

それこそスーパーに置いている、オレンジ色のキャップの容器のはちみつぐらい。

でも知れば知るほど奥が深くて、はちみつは魅力いっぱいなんだよ!

はちみつはミツバチが採取する花によって、「味」「香り」「色」が異なります。国内外、たくさんの種類のはちみつが販売されていますが、自分にあったはちみつを選ぶことで、より楽しいはちみつライフを送ることができますよ。

はちみつの種類

よく知られているのはレンゲやアカシアなどがあります。日本特有のものであればトチ、ソバなど。また、筆者の住む地域の産地直売所では百花蜜という、複数の花から採蜜されたはちみつもよく見かけます。

その他にはミカン、リンゴの花から採蜜されたもの。海外産ではコーヒー、クローバー、マヌカハニーなども有名ですね。

では、簡単に特徴をご紹介させて頂きます。

レンゲ花はちみつ

レンゲ花はちみつは、日本原産のはちみつとして知られてる馴染み深い人気のはちみつです。

レンゲ花はちみつ

味・まろやかで口あたりが良い                             香り・ほのかでフローラル                               色・淡い黄色

アカシア花はちみつ

アカシア花はちみつは、レンゲ花はちみつと並ぶ日本の代表的なはちみつです。上品な香りとクセのない甘さが人気で、「はちみつの女王」と呼ばれる周知されているはちみつです。

アカシア花はちみつ

味・クセのないすっきりとした甘さ                           香り・上品な香り                                   色・薄い黄色・結晶化しにくい

トチはちみつ

はちみつと言えば、花畑の蜜をハチが集めるのをイメージする方も多いと思いますが、トチの木のように木にも綺麗な花を咲かせるものがあります。

代表的なものが栃木県の県木に制定されている「トチの木」です。

トチはちみつはトチの花独特の華やかな香りがはちみつにも残っていて、この香りがクセになるという方もいます。

トチはちみつ

味・クセのないすっきりとした味わい                          香り・やや独特な香り                                     色・綺麗な黄金色 果糖の含有量が多いため低温下でも結晶化しにくく、冬でも扱いやすい。

百花蜜

百花蜜は地域に咲く複数の花から採蜜されたはちみつのことを言います。

日本には400種類近い蜜源植物が生育していて、土地や季節によって採取される花も異なります。

これに対して、レンゲ花はちみつやアカシア花はちみつなど、1種類の植物を蜜源としたはちみつは「単花蜜」といいます。

単花蜜も土地によって多少風味は異なりますが、極端な差が出るほどではないため安定した味わいとなります。

なぜ百花蜜と単花蜜という異なるはちみつができるのかは、「セイヨウミツバチ」と「ニホンミツバチ」の習性の差によります。

セイヨウミツバチには同一の花の蜜を集めるという習性があり、この習性を利用しレンゲ花はちみつやアカシア花はちみつのような単花蜜が作られます。

しかし、セイヨウミツバチの集めたはちみつが単花蜜なのかというと必ずしもそうではなく、特定の種類の花が少ない場合などは、他の花からも蜜を集めることがあります。そのため、他の花の蜜が混ざったものは百花蜜となります。

百花蜜 

製品によって味や香りが異なる

その土地に咲く様々な花から蜜が採取されるため、季節や場所が異なれば咲く花も異なり、蜜源となる植物が変わってしまうので味も香りも変わってきます。

一般的には色の薄いはちみつほどクセが少なく、色の濃いはちみつほどクセが強い傾向があります。

クセのない食べやすい百花蜜を好む方には色の薄いものを、はちみつ独特の風味を楽しめる濃厚な百花蜜を好む方には色の濃いものをおすすめします。

ミカンやリンゴはちみつ

ミカン花はちみつは、ミカンから取れるはちみつです。和歌山県や静岡県など、ミカンの産地で生産されています。

リンゴ花はちみつは、青森県などリンゴの産地で生産されています。リンゴの開花期間は約10日間と短く、収穫量が少ない希少なはちみつです。

ミカン花はちみつ

味・酸味が感じる、さっぱりした味わい                        香り・ミカンを連想させる爽やかな柑橘の香り 柑橘の香りが好きな方におすすめ。    色・薄く透き通った綺麗な黄金色

リンゴ花はちみつ

香り・甘く爽やかなリンゴのような香り                         味・優しい甘みとほどよい酸味があり                          色・薄く透き通った綺麗な黄金色

クセのないすっきりとした味わいとリンゴのような香りから、はちみつの独特の風味が苦手な方にも食べやすいはちみつとなっています。

クローバーはちみつ

クローバーはちみつは世界中で最も生産量の多いはちみつです。日本でも北海道を中心に生産されています。

クローバーはちみつは爽やかな草原のような香りと、クセのない味わいで食べやすいはちみつとなっています。はちみつ独特のクセのある濃厚な甘さが苦手な方にもクローバーはちみつはおすすめです。

クローバーはちみつ

味・クセのない甘さ、後味はさわやか                         香り・上品でほのかな香り                               色・淡い黄色 ブドウ糖の比率が高いため結晶化が起こりやすい。

マヌカハニー

マヌカハニーは、ニュージーランド原産のはちみつです。マヌカというのはマオリ語で「復活の木」「癒しの木」という意味を持ち、マオリの人々は古くからマヌカを病気の治療や健康のために生活に取り入れてきました。

ニュージーランドでははちみつやに関する厳しい法律を定めて、国外からのはちみつの輸入を禁止し、国内で生産したはちみつの加工方法や輸送方法など、徹底した品質管理を行っています。

また、ミツバチの病気の予防で使用されることがある抗生物質を、ニュージーランドでは使用を禁止しています。

こういった徹底管理の元で生産されたはちみつは、味や効果が優れているだけでなく安全に対する信頼性も高くなっています。

味や香りにクセがあるはちみつではありますが、一般的なはちみつよりも殺菌・抗菌力が非常に強いため、健康・美容効果が期待できます。

うさまま
うさまま

近年、有名人で愛用しているってのもよく見かけるね。

見た目は色が濃く粘度も高めで、生キャラメルのような質感となっています。

初めて食べる方は食べにくいと感じることもありますが、慣れるとクセになる人も多いようです。

マヌカハニー

味・まったりとしてコクのある味わい                         香り・スパイシーな香り                               色・オレンジに近い濃い褐色 

上記以外にもコーヒー、ラベンダー、ローズマリー、タイムなどたくさんの種類のはちみつがあります。蜜源の花、産地で食べ比べてみるのも面白いですね。

では、さらにはちみつを選ぶ時のポイントです。

純正はちみつとは?

はちみつには「純粋はちみつ」「加糖はちみつ」「精製はちみつ」という種類があります。はちみつが持つナチュラルな味わいや自然の風味、はちみつの効果・効能を楽しみたい方は、純粋はちみつがおすすめします。

純粋はちみつとは人工的に手を加えていないはちみつのことを指します。

はちみつの中にはミツバチが採蜜し水分を飛ばした生はちみつに、人工的に糖を加えたものが非常に多くありますが、純粋蜂蜜には糖が加えられておらず、添加物も含まれていません。

ただ、純粋はちみつの中には加熱処理されている商品も多く、はちみつは加熱処理すると栄養素が壊れてしまいます。

スーパーなどに置いている純粋はちみつは加熱処理されているものが多いため、健康や美容を目的にはちみつを購入する場合は購入の際に注意する必要があります。

加熱処理するとはちみつ本来の栄養素が壊れてしまい、はちみつが持つ殺菌・抗菌作用などを得られなくなってしまうからです。

生はちみつについて

純正はちみつの中でも、ミツバチが採蜜したはちみつの不純物を取り除くために濾過だけしており、成分をいじらず加熱処理もしていないはちみつを「生はちみつ」と言います。

はちみつ本来の栄養素をそのまま摂取できるので、様々な健康・美容効果を期待することができます。

安価すぎるものには注意

生はちみつは生産する量が多くなく手間がかかっているため、一般的なはちみつに比べ価格が高くなっています。

安価なものは人工的に水飴やブドウ糖を混ぜたものが加糖はちみつや、純粋はちみつと記載があっても加熱処理されている可能性があります。

ぜひぜひ、自分の好みやライフスタイルにあったはちみつを選んで、はちみつハッピーライフを楽しんでみてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました